新潟の地酒にこだわり、料理と相性良い日本酒をご案内します

新潟の酒へのこだわり

トップ » 新潟の酒へのこだわり

新潟のお酒の特徴

国内はもとより、最近は海外でも新潟のお酒の人気が高まっています。
年に一度新潟で開催される新潟の食と新潟清酒を体験できるイベント「新潟淡麗にいがた酒の陣」には全国から多くの人々が新潟の酒を求めに訪れます。

今でこそ全国で名を知られるようになった新潟のお酒ですが、ここまでの道のりはそう簡単ではありませんでした。
米どころという点では名が知られていた新潟ですが、なぜこれほどの酒どころになったのでしょうか。

新潟には数多くの蔵元があり、その数なんと90数社。全国にも美味しいお酒がたくさんありますが原料はお米と水。同じ原料で作るにもかかわらず、味わいがまったく違います。都道府県ごとはもちろん、同じ県内でももちろん違いがあります。
新潟の酒の特徴はなんといっても淡麗辛口。酒造りを極めた越後杜氏達が織りなすその酒は、豊潤さを持ちつつもさっぱりとした味わい。それが「まるで水のようで飲みやすい」と言われる所以かもしれません。
飲み飽きないそののどごしの良さは、新潟の豊かな自然からの恵みである、米と水と気候のバランスによって作り出す様々な条件が重なってできているからなのです。

水は清酒造りにおいて重要な存在で、清酒の成分の約80%以上を占めることから水質が酒の味わいに大きくかかわっています。
豊かな自然からの豊富な水資源を持つ新潟。その水質は軟水でミネラル分が少ないという条件が長期低温発酵に最適で、さっぱりとした口当たりを生み出します。

お酒を作るのに最適なな酒造好適米「五百万石」という品種を使っていることが多く、また全国平均の精米歩合よりも新潟のほうが精米歩合が高く、つまりよりお米を磨いて米の良いところだけ残すことにこだわっています。その分お酒の量は少なくなってしまいますが、手間と時間をかけて質にこだわっています。

気候

新潟は豪雪地帯と言われていますが、実は気温は極端に低くはないのです。その上冬が長いという強みを活かし、寒仕込みの低い気温の中でゆっくりと発酵が進む長期低温発酵という技術が生まれました。
また、雪によって空気分子運動が少なく、不純物を拡散させないので雑菌が少ないという利点もあります。

大規模な酒造会社はないですが、小規模ながら伝統を守り、独自の味わいを追求している酒蔵が90以上もあります。新潟では「越後杜氏」と呼ばれる酒造技能者の努力と県独自の研究組織などによる、若手酒造技能者の育成のための新潟清酒学校や試験場・研究会・協会などが多くあり、さらに美味しいお酒を作るために技術伝承と技能者の育成に努力をしています。

米どころ新潟のお酒

栄養価が高く、健康と美容に新潟の酒粕

花屋酒店では酒粕も取り扱っております。酒粕とは簡単に言ってしまえば日本酒の製造過程でできる「透明な日本酒にする際、搾る時に出てくる搾りカス」です。
漬物、粕汁、甘酒の材料などの料理の材料・原料として利用されていることは皆さんよくご存知かと思いますが、そのまま食べることもできますし、種類も多く、使用用途はたくさんあります。
栄養価も高いため、健康と美容のためにもぜひ酒粕を多く取り入れていただきたいと思います。また、最近では化粧品や石鹸などの原料として広く使われています。

美味しい酒には、美味しい酒粕が出来上がります。もちろんお酒の種類によって味も違いますので、新潟の酒粕をぜひ色々試してみてください。
※酒粕はアルコールを含んでおりますので、アルコールに弱い方・アレルギーなどある方は、酒粕を使った料理を召し上がるときはご注意下さい。また妊産婦やお子様はお控えください。

『新潟の酒粕』ご購入はこちらをクリック

日本酒の良さと楽しみ方

お料理と楽しめる

季節のお野菜やお魚など最高の料理と最高のお酒を一緒にお楽しみください。日本酒のもつアミノ酸という旨味成分が料理の美味しさをさらに引き立てます。
また果物やチョコ・スイーツなどとの相性もバッチリです。

バランスで楽しむ

日本酒の強さと料理の強さのバランスを合わせます。甘口の酒には甘口な料理、辛口の酒には塩辛みの強い料理、濃厚な熟成酒と濃厚な理、淡麗の酒に淡白な料理など、お互い似たバランスのもの同士を合わせることによってお互いの良い所が強調されます。

ハーモニーで楽しむ

日本酒と料理の組み合わせで新しい味わいが生まれること。ワインで言う「マリアージュ」と同様なものです。甘口のお酒に酸味の強い料理、香り高い吟醸酒に淡白な料理の組み合わせで吟醸酒の香りがより引き立ったりなど、お互いの嫌な部分を隠してくれて、良い味わいが広がります。

ウォッシュで楽しむ

料理の味わいの後に口の中をリフレッシュしてくれる組み合わせです。料理の後味を日本酒がリフレッシュしてくれます。旨味が強い料理や脂っこさが多い料理の後にはさっぱりとした淡麗のお酒がオススメです。日本酒なら程よいお酒の余韻を残しつつも、次の料理の味も引き出します。

今回紹介した組み合わせはあくまでも例であり、必ずオススメとは限りません。いろいろなお酒とお料理を楽しむことも日本酒の楽しみ方の一つです。ぜひおすすめの組み合わせがありましたら花屋酒店にも教えてください。

様々な温度で楽しめる

日本酒は世界的にみても類のない「冷やしても、常温でも、温めても、熱くしても美味しい酒」で、美味しく飲める温度帯が広範囲にわたります。
燗酒の場合などは温める時間や手法によって味わいに違いが出てきます。味の構成成分が最も調和したお燗のつけ方は、お酒の入った徳利を熱湯に入れて目的の温度まで温める湯煎がお勧め、電子レンジや水から温める方法はお勧めできません。また、凍らせて飲むタイプもあります。ぜひご自分だけのお好きな温度を見つけませんか?そしてぜひ器にもこだわりたいものです。

日本酒における飲用温度帯の表現

燗酒の表現と温度帯
日向燗(ひなたかん) 30度前後
人肌燗(ひとはだかん) 35度前後
ぬる燗(ぬるかん) 40度前後
上燗(じぃうかん) 45度前後
熱燗(あつかん) 50度前後
飛びきり燗(とびきりかん) 55度前後
冷やの表現と温度帯
雪冷え(ゆきひえ) 5度
花冷え(はなひえ) 10度
涼冷え(すずひえ) 15度

種類によって味わいが楽しめる

日本酒には国税庁の「清酒の製法品質表示基準」に沿って原料、製造方法などの違いによって分けられた「特定名称」というものがあり、その種類によって味わいの違いが楽しめます。各要件を満たしていれば、それぞれの特定名称を表示することができます。ぜひ色々飲み比べてみてください。

特定名称による味わいの違い

特定名称 原材料 精米歩合 麹米使用割合 品質表示基準
純米大吟醸 米・米麹 50%以下 15%以上 吟醸造り、固有の香味、色沢が特に良好
純米吟醸 米・米麹 60%以下 15%以上 吟醸造り、固有の香味、色沢が良好
大吟醸 米・米麹
醸造アルコール
50%以下 15%以上 吟醸造り、固有の香味、色沢が特に良好
吟醸 米・米麹
醸造アルコール
60%以下 15%以上 吟醸造り、固有の香味、色沢が良好
特別純米 米・米麹 60%以下又は 特別な製造方法(要説明表示) 15%以上 香味、色沢が特に良好
純米 米・米麹 70%以下 15%以上 香味、色沢が良好
特別本醸造 米・米麹
醸造アルコール
60%以下又は 特別な製造方法(要説明表示) 15%以上 香味、色沢が特に良好
本醸造 米・米麹
醸造アルコール
70%以下 15%以上 香味、色択が良好

体に優しい

お酒を飲むだけで原料や発酵などによって生じる栄養成分をそのまま体に取り入れられます。また、アルコールは毛細血管の働きを活性化させ、血管を緩めて血流を良くします。心身をリラックスさせてくれます。抹消の血液循環を促進してくれます特にアミノ酸は含有量もとても多いです。

香りが楽しめる

日本酒の香りはとても個性があります。日本酒はお米を発酵させているために果物のような「吟醸香」というものがあります。ぜひワインのように香りを楽しんでいただきたいと思います。

日本酒の香りのバランス

お客様のご要望・用途に合ったお酒を花屋酒店の利き酒師がお選び致します。
お気軽にお問い合わせください。

弊店への お問い合わせ はこちらをクリック

このページの先頭部分まで戻ります。